伊原康二プロフィール

東京都出身。18歳からプロ活動
現在、キャリア46年目を迎える。

国内海外共共演者多数。
国内、海外ジャズ・フェスティバル出演多数。
トニー・ベネット、サラ・ボーン、カサンドラ・ウイルソン、アーネステイン・アンダーソン
等と共演。カサンドラとは録音も・・・(全て日本国内にて)



出演したTV,Radio,Concert多数。
参加したRecording多数。
数枚のRecordingに音楽監督、Arrangerとして参加。


1992'2月、インド政府の招聘により"JAZZ-YATORA"出演。
George.Benson(G)や、Sonny.Rollins(Ts)等と同じステージに立つ。


NY→KT→TNe→NoRのUSA東海岸ツアーに参加。
SanFrancisco,Oregon,ハワイ等でも演奏する。
2008'6月、NYのハーレムにあるOrgan-Jazzの殿堂的クラブ"SHOWMANS"に出演。
K.Ihara("B-3"Organ)/Yoshiroh・Okazaki(Trp)/、Nabuko・Kiruu(Vo)、Y・Yamada(Drs)
Guest;Randy・Jhonston(Guitar)

同時期にハーレムの教会でパイプオルガンを演奏する。

リーダー・アルバムは"KING"から2作品。
一枚目"FIRST TIME AROUND"はCONCORD-RECのスタッフの協力により、LAのスタジオ
で録音。(Producer;Allen.Farnham/CONCORD-RECORD)
伊原康二(Piano,Organ),John・Heard(Bass)、Jimmie・Smith(Drums)
Engener;Phil・Eddwers(PER)/日本側Producer;中尾洋一("KING-RECORD")

二作目"JUCK IN THE BOX"(KING-RECORD)

三作目"GRAND PIANO"(SJK-1)自社レーベル;世田谷JAZZ工房の記念すべき第1作品。
AMAZONの作品評価で五つ星を獲得する。
我が国を代表するJAZZ専門誌"JazzJAPAN"の見開きページにて大絶賛される。